自分の肌に合った脱毛方法を選ぶことはかなり重要

脱毛と一言て言っても、種類が沢山あります。強めのものから弱めに物まであり、肌の状態によっては受けられなかったりする脱毛方法もあります。ですので自分の肌に合う方法を選ぶことが重要です。
MENU

自分のお肌に合う脱毛方法を知る

脱毛を行う際には自分に合う方法を見つけなければいけないと思います。お肌がデリケートなのであれば、ワックスやクリームは使わないほうがよいと思います。

 

カミソリを使ったケアはよくない、と言われていますが、アフターケアさえしっかりと行っていれば問題はないようです。カミソリを使ったケアだけではなく、ムダ毛の処理を行ったらアフターケアはキチンと行う必要があります。

 

そうすることによってお肌のダメージも抑えることが出来るようになりますし、美肌を手に入れることが出来るようになるでしょう。

 

家庭用脱毛器を使って処理をしていたこともありました。しかし痛みが生じていたので、結構つらかったです。毛穴も開いてしまう感じがしたので、ムダ毛はなくなりましたが、赤みが残ってしまいました。

 

ムダ毛がなくなればそれでよいのではなく、お肌の状態もキレイにならなければ意味がないと思うのです。

 

今は家庭用脱毛器の中にもフラッシュ脱毛を行うことが出来るタイプのものがあるので、使ってみるのもよいかもしれません。

 

自分に合う脱毛方法を知っておくことによって、お肌への負担も最小限に抑えることが出来るようになりますし、スベスベの美肌を手に入れることが出来ると思います。

脱毛したいと思い検討して感じた事

脱毛は誰もが感じるテーマだと思いますが、私は髭や胸毛が濃いため脱毛したいと思いました。なぜ、脱毛したいかといいますと、まず髭であれば毎日剃らなくてもいいのと剃ってもすぐに伸びるので青く見える点です。

 

胸毛も髭と同様ですが、広範囲なのと上半身裸になるのに抵抗を感じるためです。
いつしか、脱毛に対する思いが強くなりTBCへ体験脱毛に行く事にしました。

 

お試しコースで1回5000円との事で予約をとり、伺いましたが「どうせ1回では何も効果がうかがえないから」と言って何もしてくれず、脱毛コースの契約を勧めてきました。私も脱毛に対して前向きでしたので、契約しかけたのですが費用が高いのと期間も長い事より検討させてくれと言って、その場は引き取りました。

 

冷静に考えた上で、TBCでの脱毛は諦めましたが自分で出来る事はやっていこうと、無駄な抵抗だという事はわかりつつも毛抜きで地道に抜いております。

 

気にしない人は女性でも気にしないのでしょうが、私の場合は肌が過敏なため、毛が長くなると衣服や触れる事でチカチカして痒みを感じたり、人に見られる事で裸になる事への抵抗を感じたりします。
まだ、脱毛へのあこがれはありますが、当面は出来るだけ自分で処理していこうと思います。

更新履歴
このページの先頭へ